スケジュールをご覧になりたい場合は、カレンダー内の日付をクリックしてください。
スケジュールが登録されている場合は、日付がピンク色で表示されています。
(スケジュール内容は、2013年4月から表示されます。過去のスケジュールは表示されませんので、予めご了承くださいませ。)

  • Home
  • >
  • Notice
    1. 1647.  ジェジュン、除隊後初のコンサートを開催…「ここにいるこの瞬間が奇跡のよう」  
    2. 2017-01-23


    ジェジュンのアジアツアーが始まった。

    22日、ジェジュンの所属事務所C-JeSエンターテインメントは、「ジェジュンが21日、ソウル高麗(コリョ) 大学校化汀(ファジョン) 体育館で開催した単独コンサート『2017 KIM JAEJOONG ASIA TOUR in SEOUL~The REBIRTH of J~』で8都市アジアツアーの火蓋を切った。韓国国内をはじめ中国、日本、香港などアジアのファンはもとより、トルコ、ドイツ、米国など世界各地で、ジェジュンを待っていたファンで会場は熱い熱気でいっぱいになり、ジェジュンはそんなファンのため、惜しげのない公演を繰り広げ、華麗なる帰還を知らせた」と伝えた。

    1年9ヶ月の空白期を終えて帰って来たジェジュンは、ステージ上で一番輝き、ファンの前で一番幸せな時を過ごした。1stミニアルバムの収録曲「One Kiss」でオープニング舞台に立ったジェジュンは、「こんにちは。この前除隊した、民間人に戻ってきたジェジュンです。会いたかったでしょうか」と挨拶をした。

    戻ってきた彼にファンたちは熱い歓声で応えた。続いて披露した「Luvholic」に、ファンは2曲目であることにもかかわらず全員起立し、ジェジュンはそれに力を受けて、目を離せないようなパフォーマンスとライブを披露しながら一緒に楽しめる舞台を続けた。

    ジェジュンはこれまでのアルバム収録曲はもちろん、入隊前にファンのために事前に制作しておいた2ndフルアルバム「NO.X」の収録曲などをライブバンドに合わせて全てライブで披露し、空白期がなかったかのような彼の歌唱力や素晴らしい舞台マナーは、観客を酔わせた。「Run Away」でブラックホールに溺れていくような夢幻的なボイスで会場を染める一方、楽しいポップパンクである「Good Morning Night」ではつらつとしながらも、茶目っ気あふれる姿で観客と一つになって楽しんだ。

    戻ってきた“公演キング”の名声にふさわしい舞台でファンを熱狂させたジェジュンは、「皆さんのおかげで私が生きていることを感じます。除隊してから1ヶ月も経っていないのに、こんなにみなさんと一緒にいれているから、とても幸せですしここにいるこの瞬間が奇跡のようです」とファンに感謝の気持ちを伝えた。続いて「久しぶりに舞台に立ったら、除隊したという実感が湧いてドキドキしています。以前は、素敵な姿を見せていたのですが、これからはもう少し素直な姿をお見せしたいと思います。優しいジェジュンとして近づくことができるように努力します」と述べた。

    この日会場には、韓国国内だけではなく、香港、中国、日本などのアジア、メキシコ、トルコ、ドイツ、米国など世界各地から、ジェジュンの除隊をお祝いし、彼と新しい思い出を作りたいという気持ちで集まったファンたちで溢れていた。チケットオープンから1分で全席完売、という記録を打ち立てるほどジェジュンを待っていたファンたちは、誰よりも熱烈に彼を歓迎し、素敵な舞台に戻ってきたジェジュンに惜しげない声援と拍手を送った。

    1. 1646.  2017 KIM JAE JOONG ASIA TOUR in JAPAN 'The REBIRTH of J'FC先行当落確認  
    2. 2017-01-19
    会員専用のお知らせです。
    1. 1645.  ジュンス、新ドラマ「内省的なボス」にトップスター役で華やかに登場!  
    2. 2017-01-17


    ジュンスが「内省的なボス」にサプライズ出演した。

    16日に韓国で放送されたtvN「内省的なボス」第1話には、ウイルが広報戦略を立てる姿が描かれた。ウイルはフォロワー1千万人を有するトップスターと交渉する計画を立てた。

    その時、ジュンスがトップスターとして登場し、ファンに囲まれている姿が公開された。

    ジュンスはファンに「愛している」というメッセージを伝えながら、華やかに登場した。

    ウイルが所属するブレーン広報チームはライバル会社が自分たちと全く同じものを準備しているという事実を知り、当惑した。

    1. 1644.  ジェジュン、単独コンサートの練習現場を公開  
    2. 2017-01-17


    ジェジュンの単独コンサート練習現場が公開された。

    17日に公開された写真でジェジュン(JYJ)はノーメイクにも関わらず、輝くビジュアルで視線を引きつけている。

    ライブバンドと共に息を合わせながら真剣な姿で練習に臨んでいる彼の姿から、より良いステージを披露しようとする情熱が感じられる。

    特に、今回のコンサートはジェジュンが1年9か月という空白期を終えて、初めてアジアのファンに会う公式的な場であるだけにファンの期待が高まっている。

    所属事務所側は「今週、ソウルを皮切りに東京、大阪、名古屋などの日本ツアーはもちろん、香港や台湾、マカオ、タイなど中華圏のツアーまで確定したジェジュンは自分を待ってくれたありがたいファンの気持ちに応えるために、これまで以上のエネルギーでステージを準備中だ」と伝えた。

    一方、ジェジュンは来る21日午後6時30分、高麗大学ファジョン体育館にて、除隊後初のアジアツアーコンサートを開催する。

    1. 1643.  2017 KIM JAE JOONG ASIA TOUR in JAPAN 'The REBIRTH of J'ローソンチケット会員先行受付  
    2. 2017-01-17



    本日1月17日(火)15:00から、ローソンチケット会員先行受付が開始となります!!
     
    ●ローソンチケット会員先行受付期間
    2017年1月17日(火)15:00~1月22日(日)23:59まで
     
    ※お申し込みには、ローチケHMVサイトへの会員登録が必要です。登録方法などの詳細は、ローチケHMVサイトにてご確認ください。
    ※チケットのご購入は、先着順ではなく抽選となります。
    ※受付開始直後や終了直前は、回線アクセスの混雑が予想されます。
     
    1. 1642.  MUSICAL<DEATH NOTE>2次 MD GOODS販売開始  
    2. 2017-01-16
    こんにちは。JYJ Japan Official Websiteです。
    現在絶賛上演中のMUSICAL<DEATH NOTE>。
    本公演の公式グッズ第2弾を本日より販売いたします。
    下記内容をよくご確認の上、ご注文くださいませ。
     
    <商品名・価格(税込)>
    ●2次 PROGRAM BOOK   ¥1,600
     
    ※別途配送費 1,100円(一律)
    (配送費には梱包代、関税、韓国内運送費及び日本国内配送費が含まれております。)
     
    <受付期間>
    2017年1月16日(月)~
    ※在庫状況により事前予告無く早期締め切りとさせていただく場合がございます。予めご了承くださいませ。
     
    <配送日程>
    2017年1月23日より順次配送予定
    ※但し、韓国旧正月期間に伴い、配送日程が変更となる場合がございます。
    ※配送期間に関しまして、韓国内及び韓国から日本への配送期間、税関審査等の関係により最低1週間のお時間を頂戴しております。予めご了承くださいませ。
     
    <配送方法>
    クロネコヤマトにて宅配
     
    <ご入金期限>
    予約後3日以土日祝く)にご入金をおいいたします
    入金期限にご注意ください。締切後にご入金されても一切受付できませんので、期日余裕をもっておみくださいませ
    入金不備があり、受付期間わず商品発送ができなかった場合ファンクラブは一切責任えませんのでご了承くださいませ
    いは銀行振みのみ。(クレジットカ済不可
    入金は、ずご予約番のみをご記載ください。以下のような場合、ご入金確認できない場合がございます
      Ex) 名前のみでのご入金
         ・予約番号記載
        ・予約番号記載してい
        ・入金金額間違
        ・入金者名を「ルックコリア」で入金
        ・会員様名義以外口座からのご入金(お名前のみでご入金された場合会員様特定できません。
    入金不備があった場合は、すぐにファンクラブまでメjyjjapan@c-jes.com)もしくはQ&Aにてご連絡くださいませ。、そのは、ずご予約番入金日入金時刻ID名前・不備内容をご記載ください
    入金のご利用明細書は「入金完了」となるまで、保管していただきますようおいいたします。
      
    <キャンセルについて>
    キャンセルをご希望の方は、マイページ内にございますQ&Aにてご連絡をお願いいたします。
    メールにてのキャンセルの受付は行っておりません。
    尚、マイページGOODS INFOにございます『状態/情報』が『配送準備』となった以降のキャンセルはお受付いたしかねますのでご了承くださいませ。
    ※キャンセル希望を連絡される際には、必ずご予約番号をご記載ください。
     
    <商品の個数変更について>
    恐れ入りますが、商品の個数変更をご希望される場合は、一度キャンセルをされた後、改めてご予約くださいませ。
     
    <(重要入金案・入金完ルについて>
    ございませんが、サー調整中のため入金案・入金完了ルは配信しておりません。
    ず、マイペジのGOODS INFOよりご予約番入金先・状態/情報をご確認くださいませ

    当サイトのSTOREにてご予約くださいませ。(正会員様のみご購入可能)
    ず、マイペジにございますGOODS INFOよりご予約番、ご予約のご確認をおいいたします。
     

    沢山のご予約お待ちしております☆
     
    1. 1641.  “空白はない”ジェジュン、東京・大阪・名古屋含むアジア8都市まわるツアー確定  
    2. 2017-01-16


    キム・ジェジュンがアジア8都市をまわるツアーをおこなう。

    C-JeS エンターテインメントは「来る21日の高麗大学化汀(ファジョン)体育館を皮切りにスタートする『2017 KIM JAEJOONG ASIA TOUR in SEOUL‘The REBIRTH of J’』が追加都市を確定し、アジア全域のファンと特別な出会いを持つ予定だ。ソウルをはじめ、東京、大阪、名古屋、香港、タイ、マカオ、台湾に続くツアーで、ジェジュン(JYJ)は計8都市をまわる」と伝えた。

    これを前にジェジュンは、ソウルコンサートの予約販売で1分で全席完売という記録を出し、華やかな帰還を知らせた。これにアジアツアーの追加開催のニュースが伝えられながら、ファンはもちろんアジア各地のメディア媒体も爆発的な関心を見せると予想される。

    関係者は「ジェジュンのソウルと日本ツアー確定の知らせに、アジア全域から追加開催の問い合わせが殺到し、これに香港、タイ、マカオ、台湾での公演開催が決定した。1年9か月の空白期にも関わらず、すぐに8都市13回公演を開催すること自体が、アジアファンのジェジュンに向けた変わらぬ愛を証明している」と述べた。

    ジェジュンの8都市ツアー確定のニュースに接したファンたちは「除隊したばかりなのに、本当にありがたい。ソウルコンサートも日本コンサートも必ず行きます」、「さすがキム・ジェジュン! いまから楽しみ」、「640日間、とても会いたかったが、こうしてすぐに叶うなんて」、「ソウル、日本に続いて中華圏まで魅了するキム・ジェジュン! とても誇らしい」などさまざまな反応を見せている。

    1. 1640.  ジェジュン「ゴールデンディスクアワード」でアジア人気賞を受賞“除隊後初の受賞”  
    2. 2017-01-13


    ジェジュンが「第31回ゴールデンディスクアワード」でアジア人気賞の主人公になった。

    13日午後、一山(イルサン) KINTEXで開かれている「第31回ゴールデンディスクアワード」授賞式では、最近除隊したJYJのジェジュンがアジア人気賞を受賞した。

    ジェジュンは昨年、軍服務による空白期を埋めるために事前に製作したアルバムを発表して注目を集めた。

    「入隊前にファンの方々が退屈しないように用意したアルバムで、僕がプレゼントを差し上げようとしたが、むしろ皆さんから僕にプレゼントをお返しいただいた」と話した。またジェジュンは 「9年ほど前に、このステージで人気賞をもらったと思うが、再び人気賞をもらい不思議な気持ちだ。2年も空白期があったのにもかかわらず、このように素晴らしい賞をいただき感謝している」と述べた。

    ジェジュンは来る1月21~22日、高麗(コリョ) 大学ファジョン体育館で除隊後初めての単独コンサートを開催し、ファンに会う。

    1. 1639.  ジェジュン「第31回ゴールデンディスクアワード」レッドカーペッドに登場  
    2. 2017-01-13


    ジェジュンが13日午後、京畿道(キョンギド) 一山(イルサン) KINTEXで開かれた「第31回ゴールデンディスクアワード」授賞式に出席しフォトタイムを持っている。

    1. 1638.  ジュンス「結婚したくなければ、しないのが正解」  
    2. 2017-01-13


    ジュンスが結婚のため悩むファンのために真剣に相談に乗り、視線を引きつけた。

    ジュンスは12日午後、NAVERライブ映像配信アプリ「V」を通じて生放送された「お兄さんの新年記念お悩み相談Vトーク」で「自分の相手に会うのは簡単なことではないと思う」と明らかにした。

    彼はこの日、結婚を催促され、祭日に家族に会うのが怖いというファンの悩みに「周りの方を見ると、結婚しなさいとたくさん言われ、家族の集まりや祭日に集まるのを怖がる方がかなり多いみたいだ」と話した。

    また「ファンのご家族の雰囲気が良く分からないので勝手には言えないれど、結婚をしたくなければ、しないのが正解だと思う。なぜ結婚する気がないかは書かれていないため分からないけれど、結婚する気がないことを想定すれば、本人がしたくないのに無理にすれば、幸せにはなれないと思う」と話した。

    また「子供も天から授かるというように、自身の相手に会うのも簡単だと思っていない。結婚したい男に会えば、したくなるかもしれない。まだ相手に出会えていないのだ。結婚するために無理に合わせるのは危険なことだと思う。だから待ってほしいと家族に言えばどうかと思う」と伝えた。