スケジュールをご覧になりたい場合は、カレンダー内の日付をクリックしてください。
スケジュールが登録されている場合は、日付がピンク色で表示されています。
(スケジュール内容は、2013年4月から表示されます。過去のスケジュールは表示されませんので、予めご了承くださいませ。)

  • Home
  • >
  • Notice
    1. 1715.  【キム・ジュンスの S ダイアリー】DVD 販売開始  
    2. 2017-07-20
    会員専用のお知らせです。
    1. 1714.  運営局臨時休業のお知らせ  
    2. 2017-07-18
    こんにちは。JYJ Japan Official Website運営局です。

    恐れ入りますが、下記期間中、当サイト運営局は臨時休業となります。

    <臨時休業期間>
    2017年7月19日(水)~7月21日(金)


    期間中にお問い合わせいただいた内容に関しては、7月24日(月)より順次ご回答させていただきます。

    ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

    何卒よろしくお願いいたします。


    JYJ Japan Official Website運営局

    1. 1713.  会員証発送に関するお知らせ  
    2. 2017-07-12
    会員専用のお知らせです。
    1. 1712.  ジェジュン、本日(7日) 「マンホール」初撮影…“キュートなウェーブヘア”に視線集中  
    2. 2017-07-10


    ジェジュンがドラマ「マンホール」の撮影に入った。

    ジェジュンの所属事務所C-JeSエンターテインメントは本日(7日)、公式SNSを通じて、KBS 2TV新水木ドラマ「マンホール」の初撮影に入ったジェジュンの姿を公開した。

    公開された写真でジェジュンは、子犬のようにキュートなウェーブヘアに、カジュアルな白いTシャツを着て撮影を待っている。

    ジェジュンは本日を皮切りに「マンホール」の本格的な撮影に入る。「マンホール」でジェジュンは、生まれながらのユニークな性格で人並み外れた存在感を誇る“天に選ばれた”無職のボン・ピル役を務める。ボン・ピルは街のどこにでもある普通のマンホールを通して、過去と現在を行き来する荒唐無稽な時間旅行者だ。

    除隊後、約2年ぶりにドラマ復帰を果たすジェジュンは、ユニークな性格で大胆な演技のイメージチェンジを試みる。「ボスを守れ」「Dr.JIN」「トライアングル」「スパイ」など多彩な作品を経て演技力を培ってきたジェジュンが、「マンホール」を通じてどんな役を披露するか期待が高まっている。

    1. 1711.  会員証発送に関するお知らせ  
    2. 2017-07-10
    会員専用のお知らせです。
    1. 1710.  ジェジュン新ドラマ「マンホール」台本読み合わせ現場を公開  
    2. 2017-07-06


    “ピョンマッ(バカバカしいけど面白い)”を披露する「マンホール」の出演者たちが最初の出会いだけでも、大ヒットドラマの誕生を予感させた。

    「七日の王妃」の後番組として来月9日から放送されるKBS 2TV新水木ドラマ「マンホール」(脚本:イ・ジェゴン、演出:パク・マニョン、ユ・ヨンウン) は、無職のボン・ピルが偶然にマンホールに落ちることから繰り広げられる。バラエティ満載の時間旅行を描いたランダムタイムスリップドラマだ。ドラマで初めて呼吸を合わせるJYJ ジェジュンと元AFTERSCHOOL ユイはもちろん、タイトルほど普通ではない雰囲気を漂う俳優たちの、初の台本読み合わせ現場が6日に公開された。

    先月29日、ソウル汝矣島(ヨイド) KBS別館で行った台本読み合わせにはパク・マニョン監督、イ・ジェゴン脚本家を皮切りにジェジュン、ユイ、チョン・ヘソン、B1A4 バロはもちろんチュ・ジンモ、キム・ヘオク、ソ・ヒョンチョル、イ・ヨンギョン、チャン・ミグァン、キム・ミンジ、カン・ホンソク、イ・サンイなど演技力と個性を備えた実力ある俳優たちが集まり、演技熱戦を繰り広げた。

    この日、俳優たちは独歩の魅力と完璧なチームワークを誇示し、期待を高めた。“ランダムタイプスリップ”というユニークなコードのドラマらしく、俳優たちは台本中のセリフたちをリアルに交わし、演技ポテンシャルを発揮した。ピョンマッ溢れるキャラクターたちのコミカルな演技に、台本読み合わせの現場では笑い声が絶えなかった。

    除隊後、初の復帰作として「マンホール」を選択したジェジュンは、情熱的に現場の雰囲気を引っ張った。デビュー後、最も大胆な演技変身を披露するジェジュンは劇中、生まれながらのユニークな性格で人並み外れた存在感を誇る“天に選ばれた”無職のボン・ピル役を演じた。街のどこにもある特別でもないマンホールを通して、過去と現在を行き来する荒唐無稽な時間旅行者だ。台本読み合わせで、演技することが簡単ではないボン・ピルというキャラクターを徹底に分析し、リアルに演じて期待をさらにアップさせた。特に壊れる姿も怖がらない演技で、制作陣から称賛を受けた。

    結婚を控えているボン・ピルの28年間の片思いの相手であり、女友達カン・スジン役を演じるユイも、カン・スジンに完全に没頭し、雰囲気を圧倒させた。“村の女神”らしいビジュアルで台本読み合わせに参加したユイは、特有の愉快で安定的な演技で、視線を引き付けた。特に一時はSome(男女が付き合う前の段階) 関係だったが、今は“サム(韓国語で喧嘩の意味)”の関係になったボン・ピル役のジェジュンと最高の演技呼吸を見せ、完璧なケミ(ケミストリー、相手との相性) で関心を集めた。

    チョン・ヘソンも尋常ではない存在感をアピールした。ボン・ピル、カン・スジンと同じ村で育てたジンスク役を演じたチョン・ヘソンは、特有の溌剌とした演技でストレートな性格のジンスクを表現した。バロが演じるチョ・ソクテは、ボン・ピルにいつも負けるが、裏では陰険にボン・ピルに一撃を加えるチャンスを狙っている可愛い両面性を持っている人物だ。バロは優しくてホダン(しっかりしているように見えるが、どこか抜けている人) らしい口ぶりと演技で、ドラマに面白さを与える。

    ここに、素晴らしい俳優たちが見せる演技熱戦は、ドラマに対する期待感をさらに高めた。視聴者たちの笑いを誘うベテラン俳優たちは、想像以上のコミカルな演技で劇の完成度を高めた。無職の息子が恥ずかしいボン・ピルの親役を演じたチュ・ジンモとキム・ヘオクは、終始一貫真剣に行動するが、見ていると人を笑わせるような演技で存在感をアピールし、スジンの親役を演じたソ・ヒョンチョル、イ・ヨンギョンも個性強い演技で劇に面白さを与える。ボン・ピルの村の友達として大活躍を予告したカン・ホンソク、イ・サンイ、キム・ミンジと、スジンの婚約者として特別な存在感を誇示するチャン・ミグァンまで、完璧な演技シナジーで雰囲気を盛り上げた。

    台本読み合わせを終えたパク・マニョン監督は「このように楽しかった台本読み合わせは初めてだ。素晴らしい俳優たちをキャスティングしたので、最大に楽しくて爽やかな2017年の夏になれるように最善を尽くす」と伝えた。また「台本を見て、想像を超えるエピソードが多くてたくさん悩んだ。面白い台本と俳優たちの力がシナジー効果を発揮し、良い作品を誕生させることができると確信する」と愛情を示した。

    「マンホール」は、「結婚して下さい」「ぶどう畑のあの男」などを演出したパク・マニョンプロデューサーと「特殊事件専門担当班TEN」の脚本を手がけたイ・ジェゴンが意気投合した。「七日の王妃」の後番組として、韓国で来月にKBSを通じて初放送される。

    1. 1709.  韓国観光公社、キム・ジェジュンに感謝杯贈呈  
    2. 2017-06-26


    韓国観光公社(社長チョン・チャンス)が、歌手キム・ジェジュンに韓日音楽活動を通じた両国間の友好増進と韓国観光広報に寄与した功労で感謝状を贈呈した。
     
    去る25日、仁川永宗島パラダイスシティグランドボールルームで韓流スターJYJキム・ジェジュンのファンミーティングにチョン・チャンス社長が直接功労牌を贈呈したと公社側は26日、明らかにした。
     
    イベントは、日本人ファン500人限定で計画され、スターとファンとのトークショー、ミニコンサート、ファンとの写真撮影など、様々な密着型のイベントで行われた。
     
    この席で公社は、日本人観光客を対象に、韓国文化観光コンテンツである漢方医学とウェルネス体験、ノンバーバル公演(ペインターズヒーロー)など、様々な韓流コンテンツ体験の機会を提供し、今後残り少ない平昌オリンピックのマスコット人形セットを贈呈するなど、平昌冬季オリンピックを促進した。
     
    1. 1708.  ジェジュン「一風変わった姿をお見せしたい」=『マンホール』  
    2. 2017-06-26


    ジェジュンがドラマ『7日の王妃』(KBS第2)の後枠で8月から放送される『マンホール-不思議の国のピル』に出演する。

    『マンホール』は、ボンピルが偶然マンホールに落ちたことから繰り広げられる、コミカルなタイプスリップドラマ。ジェジュンは人並みならぬ存在感を誇る公務員試験準備生のボンピル役を演じる。相手役の元AFTERSCHOOLユイが演じるのは、結婚を1週間後に控えたボンピルが18年間片思いしている友人カン・スジン。

    除隊後、およそ2年半ぶりにお茶の間に帰ってくるジェジュンは26日、制作スタッフを通じ「除隊後最初のドラマで、久しぶりにロマンチックコメディーに出演することになり、期待しているしワクワクする。とんちんかんなタイムトラベラー、ボンピルというキャラクターを通じ、これまでにお見せしたことのない、キム・ジェジュンの一風変わった姿をお見せできるよう、ベストを尽くしたい」とコメントした。 

    1. 1707.  ジェジュン、ボクサーに変身!引き締まった体に視線集中…GUMMYの新曲MVに出演  
    2. 2017-05-31


    ジェジュンがGUMMYのニューアルバムのタイトル曲のミュージックビデオに参加した。

    所属事務所C-JeSエンターテインメントは30日、「ジェジュンが6月に発売されるGUMMYの5thフルアルバムのタイトル曲のミュージックビデオに出演する。彼のドラマチックな演技と、GUMMYの感性的なボイスが合わさり、曲の感性をさらに増幅させる予定だ」と述べた。

    公開された写真の中でジェジュンは、リングの上に上がりグローブと防具を着け、ボクシングの練習にまい進している様子だ。今回のミュージックビデオでジェジュンは。夢多きボクサーに変身し、困難な中でも自身の夢を諦めず突き進んでいく人物を感性的に演出した。

    今回のミュージックビデオはドラマ形式で制作され、「スパイ~愛を守るもの~」、「トライアングル」、「Dr.JIN」など多数の作品で演技力を積んできたジェジュンが劇中キャラクターをどのように表現するか期待を集めている。

    ジェジュンがタイトル曲のミュージックビデオに参加したGUMMYの5thフルアルバム「STROKE」は、キルがプロデュースを引き受け、これまで見せなかったGUMMYの新たな魅力を見せると予告しており、リスナーの関心を一身に受けている。

    ジェジュンが出演したミュージックビデオは、GUMMYのアルバムが発売される6月5日に公開される。



    1. 1706.  メールでのお問い合わせ不具合について  
    2. 2017-05-19
    こんにちは。JYJ Japan Official Website運営局です。

    平素より、当サイトをご利用いただき、誠にありがとうございます。

    現在、メール(jyjjapan@c-jes.com宛)にてのお問い合わせに不具合が発生しております。

    皆様にはご迷惑をおかけし大変申し訳ございませんが、お問い合わせの際は、当サイトにログイン後、マイページの「Q&A」よりお願いいたします。

    システムの不具合に関しましては、現在原因の調査及び修復中でございます。

    修復が終了いたしましたら、再度ご案内いたします。


    JYJ Japan Official Website運営局